つくろう、島の未来

2024年03月03日 日曜日

つくろう、島の未来

2024年2月23日から25日までの三連休、魚屋sakana bacca(サカナバッカ)中目黒・都立大学・中延で、島々の未利用魚・低利用魚を活用しした3種のお魚スープを販売します。日替わりで店頭試食も実施。ぜひお立ち寄りください。

2021年より「島の魚食」を盛り上げるプロジェクトを継続するリトケイは、豊かな海と日本の魚食文化を未来につなぐことをミッションに活動するChefs for the Blue(シェフスフォーザブルー)と共に、島々の未利用魚や低利用魚を活用したサステナブルで海の学びにつながる商品づくりに取り組んでいます。

本企画は、次世代へ豊かで美しい海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

3島3種のおいしく食べて海もよろこぶお魚スープを販売

魚屋sakana baccaの3店舗で同時販売するのは、対馬島(つしまじま|長崎県)のアイゴ(対馬)、弓削島(ゆげじま|愛媛県)のチヌ(弓削島)、与論島(よろんじま|鹿児島県)テングハギ(与論島)という3島3種の未利用魚・低利用魚を使ったレトルトスープ。

恵比寿のフレンチレストラン「アムール」の後藤祐輔シェフがレシピを考案し、おいしく食べて海もよろこぶお魚スープが完成しました。

左:アイゴの風味とスパイスの香りが調和、豆や野菜がたくさん入った「対馬島のアイゴと野菜の具沢山スープ」
中央:ふわりとしたチヌの身が大きめカットで入ったクリーム系のまろやかスープ「弓削島ごろっとチヌとさつまいものクラムチャウダー」
右:テングハギのフィッシュボールのぷりっとした食感を楽しめる和風スープ「与論島テングハギボールときのこ
のオニオンスープ」
※商品画像は全てイメージです。実際の商品とはデザイン・仕様が一部異なる場合がございます

対馬島のアイゴと弓削島のチヌは、海藻をよく食べる食欲旺盛な魚。海底から藻場が消えて海が砂漠化する「磯焼け」の一因とされています。

与論島のテングハギは、おいしく食べるための下処理に手間がかかるため、地元でもあまり食べられていない、知る人ぞ知る魚。

そんな未利用魚・低利用魚がおいしいスープに生まれ変わった開発の裏話はこちらの記事もご参考ください。

調理イメージ

お魚好きが集まる魚屋sakana bacca3店舗で同時開催!

3島3種の「おいしく食べて海もよろこぶお魚スープ」の販売会は、「毎日の食卓に感動と冒険を」をコンセプトに、全国各地から取り寄せた魚を丸のまま陳列する魚屋sakana baccaの3店舗で3日間にわたって同時開催します(個数限定)。

魚好きが集まる魚屋sakana baccaの店頭には、離島から届いためずらしい魚が並ぶことも。

魚の捌き方や調理法を教えてくれるほか、魚食に合うオリジナルワインやビールも販売するなど、新しい魚との出会いを提供してくれる魚屋です。

【リトケイ×サカナバッカ・おいしく食べて海もよろこぶお魚スープ販売】

\3店舗同時開催/
2024年2月23日(金・祝日)~2024年2月25日(日)

・sakana bacca中目黒
営業時間:10:00〜19:00(試食販売 23日・25日11:00〜19:00)
アクセス:東京都目黒区上目黒2-21-4(東急東横線・中目黒駅南口徒歩10分)

・sakana bacca都立大学
営業時間:土曜 10:00〜20:00 日曜・祝日 10:00〜19:00(試食販売 23日・24日11:00〜19:00)
アクセス:東京都目黒区中根2-13-1(東急東横線・都立大学駅南口徒歩1分)

・sakana bacca中延
営業時間:土曜 10:00〜20:00 日曜・祝日 10:00〜19:00(試食販売 24日・25日11:00〜19:00)
アクセス:東京都品川区中延3-2-9(東急池上線・荏原中延駅南口徒歩2分/東急大井町線・中延駅北口徒歩5分)

おいしく食べて海もよろこぶ3島3種のごちそうスープ。この機会にぜひ、お召し上がりください。

レシピ開発 後藤祐輔(ごとう・ゆうすけ)

1979年5月25日 東京都出身。『ミシュランガイド東京 2013』にて一つ星を獲得。以後7年連続で一つ星を獲得。2016年11月 シャンパーニュ騎士団より「シュバリエ・ドヌール」の称号を叙任。フランス料理の技術、精神をベースに日本の食材を活かした『日本人でしか表現できないフランス料理』に取り組んでいます。
https://gotoyusuke.jp/


【関連情報】
>>sakana bacca公式HP

>>【リトケイ海の商品企画】離島の海と魚食文化を未来へつなぐ商品開発プロジェクト

>>【リトケイ海の商品開発】対馬島の生産者に聞きました!島ぐるみの「磯焼け」対策

>>【リトケイ海の商品開発】与論島の漁師さんに聞きました!知る人ぞ知るおいしい魚・テングハギ

>>【リトケイ海の商品開発】トップシェフ集団C-BLUEとリトケイが協力。島々の未低利用魚を活用したサステナブルな商品づくり

>>【リトケイ海の商品開発】対馬・弓削・与論3島の未低利用魚を活用。おいしく食べて海もよろこぶスープ開発の舞台裏

>>【リトケイ海の商品開発】対馬の海を見た経験が「なんとかしたい」に繋がった。魚との心踊る出会いを生むsacana baccaの売り場づくり


ウェブメディア『ritokei』掲載記事のまとめやリトケイからのお知らせを、メールマガジン『リトケイ通信』でお届けします。配信を希望される方は以下のフォームよりお申し込みください。
>>メールマガジン配信お申し込みフォーム

NPOリトケイは日本の島々に存在する「小さくても大切な課題の解決に必要な活動」や「島の宝を未来につなげるために必要な活動」を、中長期的に展開することを目的に活動しています。

ウェブメディア『ritokei』およびフリーペーパー『季刊ritokei』は、活動に賛同してくださるサポーターや寄付者の皆さまからお寄せいただく支援により発行しています。

リトケイは島を想う皆さまの応援(寄付・協賛・サポーター)を心よりお待ちしております。

関連する記事

ritokei特集