つくろう、島の未来

2022年10月06日 木曜日

つくろう、島の未来

【リトケイ、新宿と池袋に登場!】隠さずに言うとリトケイのメンバーは「つくる」のは得意でもタブロイド紙を「売る」のは初めてでした。
そんなリトケイに仲間入りしたのは元書店員、出版書籍営業の佐藤さん。『季刊リトケイ』を日本中に届ける「メッセンジャー」として、全国にリトケイを広げる活動がはじまりました。祖先がキリンで現在南阿蘇在住。佐藤隊長の活動記録とおすすめ「島本」コラムです。

リブロ池袋本店様

リトケイ、新宿と池袋に登場!

さてさて今回はいよいよ2大ターミナル駅に進出したリトケイのお話。
まずは新宿駅から。

紀伊國屋書店新宿南店様

実はメッセンジャー佐藤、かつて新宿の書店で働いていたのです。
当時お世話になったOさんのいるブックファースト新宿店さんへ。
リトケイを紹介すると、じーーっとしばらく見つめた後、
「色がキレイな新聞だから壁に見本誌を一枚一枚ペタペタ貼って、
ポスター替わりにしてフェアしたら面白そうだね!」とさっそく展開のアイデアが。
さすがだーーー!

続いては紀伊國屋書店の新宿南店さん。(twitter:@kino_Minami
こちらは3月下旬にタリーズコーヒーが入り、同じフロアに新刊話題書、
そして地図ガイドコーナーもあるというリトケイ的にベストな配置(笑)。
コーヒーを飲みつつのんびりとリトケイを眺めるには絶好の場所ですね。

その南店さんのTwitterで「ついにリトケイ入荷!」とつぶやいたら
反響がすごかったらしく、担当のIさんも驚いたんだって。
やるなリトケイ。

続いては池袋駅。
学生時代、よくリブロさんからジュンク堂さんへはしごしてました。
そして気づいたら授業が終わっている、という・・・。

まずは池袋駅から地下で直結のリブロ池袋本店さんへ。

他のスタッフさんから「リトケイ、Tマネージャーが好きそう・・・」
という噂を入手していたので、
早速Tマネージャーへリトケイを紹介すると、
噂通り?いたくリトケイを気に入って下さり、めでたく取り扱ってもらえることに♪

売場のご担当Kさんも02号の表紙の大漁旗を見て「なんか元気でるね~!」と、
嬉しい感想を!
むっふっふ。

最後にジュンク堂書店池袋本店さん。(twitter:@junkuike_zassi
担当のFさん、リトケイを見るなり「あーーっ!これ!!」と驚かれ、
僕もおおおっ、と驚き。
話を伺うとどうやら他のお店で見つけて気になっていて、
そんな折に僕が現れたので驚いたということでした。

リトケイが仲間入りする一階の雑誌棚、品揃えはさすがの一言で、
初めて見る雑誌もいくつかあり、仕事を忘れて(おい)楽しんでしまいました。

さてさて今回の島本は、
リトケイと抱き合わせ販売かと思うほど、
併売率が高い『島もよう』(エスプレ/刊)を紹介します。

06171837_4dfb20669ce8a

離島というと、沖縄などの遠いところを想像するけど、
この本で紹介されているのは東京の島のみ。
離島って飛行機乗り継がなくても、浜松町から船で行けるんだね。
ちゃんと乗船割引チケットも付いているのも素敵です。

では、次回のメッセンジャー日記をお楽しみに~

関連する記事

ritokei特集