つくろう、島の未来

2022年08月12日 金曜日

つくろう、島の未来

子連れ旅も安心なフェリーや、夕日を眺められる絶景スポット、島の暮らしに根付く古典相撲や巨木信仰などなど……多彩な魅力にあふれる隠岐諸島への旅を、地元在住の“島ライター”がご案内。隠岐観光協会のウェブサイト『隠岐の島旅』とのタイアップにて公開します。

取材・池田麗菜
隠岐の島町在住、福島県出身。趣味は海遊びと離島めぐり。今まで訪れた離島は15島。ウエディングプランナー、プログラミングスクール運営の経歴を経て、結婚を機に隠岐の島へ移住。只今絶賛、漁師の嫁 修行中。

子連れで隠岐に出掛けるなら船旅で♪ フェリーが安心な理由8

子どもと一緒に出掛ける旅には、特別な思い出ができる楽しみや、家族みんなで新しい世界に出会う喜びに期待がふくらみますが、一人旅や大人同士の旅行とは異なる心配がつきものです。

DeNAトラベル(※)の調査によると、「お子様連れ旅行で大変だったこと」ランキングでは、2位の「食べ物」(12.1%)に大差を付けて「移動(機内等)」(58.0%)が1位となったようです。理由の多くは「泣いてしまった」「乗り物酔い」「ずっと座っていられず騒ぎだした」といったものでした。

※<調査概要>
主体:株式会社DeNAトラベル
タイトル:「子連れ旅行」に関するアンケート調査
対象: 20歳以上の男女1,151名

ここでは、そんな小さなお子様連れにぴったりの隠岐諸島(おきしょとう|島根県)と本土をつなぐ隠岐汽船のフェリーについて紹介します。

※船には三隻のフェリーと一隻の高速船があります。両者の違いは隠岐諸島から本土までの所要時間にあります。

隠岐汽船西郷港ターミナルのフォトスポット♪ 今回は隠岐の島町在住のファミリーが取材に協力してくれました

ここが安心!その1
1つの席でじっとしていなくていい♪

船内ではお席以外にも公共スペースが充実しているため、飽きずに過ごすことができます。

3階展望スペースはさえぎるものがなく、広々過ごせます♪
クルーと自己紹介。お名前上手に言えるかな?
今日だけ特別。ゲームにチャレンジ

ちなみに冬場は高い波の日が多くなるので、乗り物酔いが心配な方は、春・夏がおすすめ。
念のため、お守り代わりに酔い止めを用意しておくと安心ですね。

ここが安心!その2
青い海にどこまでも続く空。船からの眺めは格別!

普段眺めることのできない、自然あふれる景色を堪能しながら移動できます♪

海に向かって、せーの!「ヤッホー!」

お子様と一緒に「今、どこを走行しているのか?」地図を見ながら考える時間もまた、楽しいひとときとなることでしょう。

また、隠岐汽船さんオススメの景観は、11時15分頃に島前(西ノ島町、海士町、知夫村)海域にて「フェリーしらしま」と「フェリーくにが」とがすれ違う様子だそうです♪ この時間帯のどちらかの船にのっていれば、すれ違う船に手をふることができるかも?

ここが安心!その3
キッズルームでおもちゃ遊び♪

実は、キッズルームも充実している隠岐汽船のフェリー。

フリーで使えるキッズルームには滑り台やトンネル、サイコロや輪投げなど、さまざまな遊具も完備されています。
全てクッション素材なので、動き回っても安心ですね◎

ここが安心!その4
授乳室完備で赤ちゃん連れも安心♪

もちろん授乳室もあります。

授乳室の中には広いソファーが2台あり、ゆったりと赤ちゃんのお世話をすることができます。

ここが安心!その5
運転疲れ知らず!家族みんなでゆったり移動♪

フェリーでの移動なら、車での長距離の車移動のように、運転に疲れて目的地についた瞬間倒れこむように休む……..という心配もいりません。

家族みんなでゆったりと過ごせるのもメリットのひとつ♪ 広い客室でごろごろのんびり、昼寝することもできちゃいます。

特別2等室でのくつろぎタイム

ここが安心!その6
個室で完全プライベート空間♪

広い客室や公共スペースも充実していますが、それでもぐずらないか心配…….という方は、個室も検討してみてはいかがでしょうか。

特等室(和室)

特等室(和室)はカーペットが敷いてあるため、ハイハイや転んだりしても安心です。泣き出してしまっても、周りの人に気を遣う心配がありません。

※船内設備、客室については、航路・船によって異なります。
〈詳細はこちらをご覧ください〉
>>隠岐汽船公式ページ

ここが安心!その7
車ごと積めるので、大きな荷物も気にせず移動♪

車ごと移動できちゃうのも船旅の魅力です。
赤ちゃん連れの場合オムツにベビーカーなど、荷物がかさばりますよね。
フェリーは車ごとの移動もできるため、荷物を最小限に留める努力をしなくても良いのが楽でいいですね◎ 現地でレンタカーを借りる手間も省けます。

ここが安心!その8
小腹が減ったら売店へGO!

船内の売店では、隠岐汽船オリジナルグッズやお菓子などが販売されております。
中でも一番人気がソフトクリーム!

海をバックに食べるアイスはより一層の美味しさで、自然と笑みがこぼれます♪

ゴールデンウィークに夏休みなど、今年の長期休暇は船旅でゆったりと旅行へ訪れてみませんか。
不明点などがあれば、フェリーのことは隠岐汽船さんへ、旅のことは隠岐観光協会さんへ
気軽に相談してみてくださいね◎


【関連サイト】
隠岐汽船株式会社
TEL:08512-2-1122
>>公式サイトはこちら

隠岐観光協会
TEL:08512-2-1577
>>公式サイトはこちら

関連する記事

ritokei特集