つくろう、島の未来

2018年11月21日 水曜日

こんにちは、リトケイ編集部です。2017年を振り返り、webメディア『離島経済新聞』で反響の大きかった記事をまとめてみました。北は佐渡島から南は北大東島まで、地域を元気にする島づくりの話題をご覧ください。

1【島News】サンゴに優しい日焼け止め誕生。沖縄・座間味島から販売

沖縄出身で、スキンケア化粧品の企画・販売を手掛ける呉屋由希乃さんがサンゴに優しい成分でできた日焼け止めを企画。座間味島(ざまみじま|沖縄県)が海開きをする4月15日に販売開始。

2【島News】 安心して船旅へ。奄美群島で欠航時の延泊費を補償する船舶欠航補償制度がスタート

天候の影響を心配せずに島への船旅を楽しんでもらおうと鹿児島県旅客船協会が企画し、2017年7月から翌2月まで、奄美群島(あまみぐんとう|鹿児島県)発着・経由の船舶便が欠航・抜港した際の旅行者の延泊費用補償を実施。

3【島News】奄美群島の請島で3年ぶりの小学校再開。新入生を迎えにぎやかな春に

奄美大島(あまみおおしま|鹿児島県)南部の離島・請島(うけしま|鹿児島県)で、休校となっていた島唯一の小学校が3年ぶりに再開した。入学式には、学校再開を心待ちにしていた集落の住民も集まり、児童2名の門出と学校再開を祝福。にぎやかな春を迎えた。

4【特集|島づくり】100年先の子や孫のために残したい持続可能な島。沖永良部島の観光地域づくり(前編)・(後編)

奄美群島(あまみぐんとう|鹿児島県)の沖永良部島(おきのえらぶじま)の観光協会が、100年先の未来を見据えた島の振興計画「Island Plus おきのえらぶ島計画」を策定。振興計画に込める願いや具体的な施策について、一般社団法人おきのえらぶじま観光協会 古村英次郎事務局長に話を聞いた。

5【島News】15の春で旅立つ中学生が開発した北大東島発の日焼け止め。発売から大好評!

2017年3月、北大東島(きただいとうじま|沖縄)の中学校を卒業した卒業生6人が、商品開発に携わった日焼け止め「サンウィン UVジェル」が販売を開始。那覇市のコープあっぷるタウン店で店頭販売が行われ、6人が店頭に立った。

6【島News】島に居ながら大学に通おう。島のリーダー人材を育成する通信制大学が沖永良部島に開校

2017年春、奄美群島(あまみぐんとう|鹿児島県)の沖永良部島(おきのえらぶじま|鹿児島県)に、通信制の大学が開校した。島に暮らしながら大学卒業資格が得られ、教員免許や社会福祉士の資格取得にも挑戦できる。

7【島Books & Culture】遠い孤島へ想いを巡らす『秘島図鑑』。|島をより深く味わう1冊

日本が有する6852島もの島々の中には、かつて人が上陸した、もしくは暮らしていた痕跡をもつ無人島がある。国内外問わず数々の島旅を経験してきた著者が、あえて「行けない島」に着目した、おそらく日本初の“秘島”専門ガイドブック『秘湯図鑑』をご紹介。

8【特集 | 島づくり】佐渡島で始まった中高校生たちの主体的な島づくり「佐渡を豊かにする中高生PROJECT」

「ふるさとの島を豊かにするにはどうしたら良い?」佐渡島(さどがしま|新潟県佐渡市)の中・高校生がアイデアを持ち寄り、島おこしプランを企画。大人のサポートを受けながら次々と自主企画を形にしている。

9【島Topics】卒業生の制服を島内でリユース!与論島のママ友プロジェクト「あんまぁ〜ず」(前編)・(後編)

奄美群島(あまみぐんとう|鹿児島県)最南端の与論島(よろんじま|鹿児島県)で、子育て中の母親たちが集まり「よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず」を結成。「制服リユース」や「お産を待つための施設」をオープンさせるなど、出産・育児環境の改善を図っている。

10【島News】孫ターン就職した30代女性が新商品開発。壱岐島からウニの魅力発信中

壱岐島(いきのしま|長崎県)で、祖父母が創立した水産会社にIターン就職した30代女性が新たな販路開拓を目指し、壱岐島名産のウニを使った加工品をリニューアル。ホームページを開設しオンラインショップでの販売をスタート、SNSでの情報発信にも取り組んでいる。


【サポーター募集】「島の未来づくりサポーター」になりませんか?

離島経済新聞社では『季刊ritokei』が毎号ご自宅に届く 「島の未来づくりサポーター」 を随時募集しています。島づくりの調査・研究や島情報の広報、島の子どもたちの交流機会づくりなどの活動のため、ぜひ応援をお願いします。

【公式設置ポイント大募集】

離島経済新聞社ではフリーペーパー『季刊ritokei』を置いてくださる、お店や公共施設などを募集しております。 詳しくは 公式設置ポイント一覧 よりご確認ください。
編集部一同、皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

関連する記事

ritokei特集