つくろう、島の未来

2024年02月26日 月曜日

つくろう、島の未来

「離島」での子育てに興味のある方、島で子育てをしている方、島の子育て環境をより良くしたい方に向けた「シマ育勉強会」。

第7回目は「どちらの島で働く?『子どもの学び』を支える弓削島&魚島の仕事」です。

愛媛県上島町は、瀬戸内海に浮かぶ25の島々からなり、温暖な気候からレモンなどの柑橘栽培が盛んな町。本州・四国へのアクセスがよく、国内外からの移住者も多い地域です。

弓削島(ゆげじま|愛媛県)にある愛媛県立弓削高等学校では、2017年より高校の魅力化に取り組み、公営塾の設置や授業の魅力化、全国からの離島留学受け入れを進めてきました。

同校の生徒のために上島町が運営する学習塾「ゆめしま未来塾」では、教育の地域格差を乗り越え、大学進学から就職まで希望進路を実現できることを目指し、「自立型学習支援」「キャリア形成支援」を2本柱として活動。

町では、遠方から弓削高等学校へ入学する学生を対象とした学生寮も整備。令和6年4月から受入れを開始します。

また、同町の魚島(うおしま|愛媛県)では、2023年度より小中学生を対象にした「魚島さざなみ留学」の受け入れをスタートしています。

今回の勉強会は、上島町企画情報課で高校魅力化を担当する古江七海さんと、島の子どもたちの学びを支える「ゆめしま未来塾」で講師を務める高橋紗英さんがゲスト出演。

弓削島と魚島の暮らしの情報や、高校魅力化の取り組みと離島留学制度など子育て教育環境、島々で子どもたちの学びを支える地域おこし協力隊の求人情報を紹介します。

島暮らしに興味のある方、令和7年度の離島留学を検討中の親子は必見。ぜひご参加ください。

>>弓削高校魅力化プロジェクトゆめしま未来塾
>>ゆめしま未来塾Instagram
>>愛媛県立弓削高等学校学生寮運営スタッフ募集
>>「ゆめしま未来塾」スタッフ募集

ポイント

・瀬戸内海に浮かぶ、一年を通して温暖で住みやすい島々
・人口約2,500人。交通もお買い物も便利な上島町の中心ライフ(弓削島)
・人口約120人。顔と名前のわかる関係。漁業の島での濃厚ライフ(魚島)
・2017年から魅力化に取り組む県立高校の取り組み
・令和6年4月から受け入れスタート!ピカピカの学生寮
・教科学習とキャリア学習の二本柱で指導する公営塾
・塾生発の課外活動やプロジェクト
・小中学生を対象にした「魚島さざなみ留学」
・弓削島と魚島で子どもたちの学びを支える地域おこし協力隊募集

モデレーターは、リトケイ統括編集長の鯨本あつこと編集部の松本一希が担当します。参加は無料。ぜひご参加ください。

【シマ育勉強会Vol.7 イベント概要】

テーマ:「弓削島と魚島で子どもの学びを支える仕事」
日時:2024年1月18日(木)20:00〜21:00
会場:Zoom MTGによるオンラインイベント
  (事前申込いただいたメールアドレス宛にURLをお届けします)
参加費:無料
申し込み方法:下記のフォームよりお申し込みください。
>>マ育勉強会vol.7 お申し込みフォーム

内容:
・愛媛県上島町の紹介
・弓削島と魚島の子育て教育環境
・地域おこし協力隊の仕事 など
・質疑応答

ゲスト:古江七海さん(上島町企画情報課 高校魅力化担当)、高橋紗英さん(上島町公営塾 ゆめしま未来塾 講師)
モデレーター:鯨本あつこ(NPO法人離島経済新聞社統括編集長)、松本一希(リトケイ編集部)


シマ育とは?
「シマ(=互いに支え合える地域共生コミュニティ)の中で多様な人と関わり、本物の自然・文化にふれながら人間力を育む」ことのできるシマ育環境と、より良い子育て環境をさがす全国の親子が出会えるよう、登録無料の会員サイト『シマ育コミュニティ』を開設!有人離島専門メディア『ritokei』を発行するNPOリトケイが日本財団と共に運営しています。

>>シマ育とは?
https://shimaiku.ritokei.com/shimaiku/

小さな島にある無限の可能性をのぞいてみませんか?
『シマ育コミュニティ』にぜひご登録ください♪

>>登録無料の会員サイト『シマ育コミュニティ』
https://shimaiku.ritokei.com/


ウェブメディア『ritokei』掲載記事のまとめやリトケイからのお知らせを、メールマガジン『リトケイ通信』でお届けします。配信を希望される方は以下のフォームよりお申し込みください。
>>メールマガジン配信お申し込みフォーム

NPOリトケイは日本の島々に存在する「小さくても大切な課題の解決に必要な活動」や「島の宝を未来につなげるために必要な活動」を、中長期的に展開することを目的に活動しています。

ウェブメディア『ritokei』およびフリーペーパー『季刊ritokei』は、活動に賛同してくださるサポーターや寄付者の皆さまからお寄せいただく支援により発行しています。

リトケイは島を想う皆さまの応援(寄付・協賛・サポーター)を心よりお待ちしております。

関連する記事

ritokei特集