つくろう、島の未来

2022年09月26日 月曜日

つくろう、島の未来

世界自然遺産の離島・屋久島(やくしま|鹿児島県)で魚の「燻製」を製造・販売する「屋久島おさかなくんせい けい水産」から、2014年4月に「トビウオくんせい生茶づけ」が新発売されます。

■今春発売!屋久島産トビウオ出汁100%「トビウオくんせい生茶づけ」

世界自然遺産にも登録される大自然のもと、魚の燻製製造・販売を行う「屋久島さかなくんせい けい水産」より、2014年4月に屋久島産トビウオ出汁100%「トビウオくんせい生茶づけ」が発売します。

安房(あんぼう)港はトビウオの水揚げで有名な港。屋久島の居酒屋や民宿では、トビウオの「姿揚げ」などが看板メニューに並び、トビウオの「すり身」や「干物」はお土産としても人気です。

けい水産では、2009年より屋久島の港・安房港にて水揚げされた屋久島産のトビウオ、シイラ、メダイ、ダツなどの魚を独自の方法で「燻製」として加工。まるで生ハムのように柔らかな食感が特徴の「生ハム風くんせい」は、屋久島の観光客をはじめ、地元の方にも喜ばれる商品として育ってきました。

今年で開業5周年を迎えるけい水産では、魚の燻製商品に加えて新たな商品を開発、販売に向けて準備を進めています。

新商品となる「トビウオくんせい生茶づけ」は、「化学調味料無添加のものを作りたい!」という、けい水産の熱い思いと創意工夫のもと作り出された、100%天然トビウオ出汁パウダーと、生ハム風燻製が一緒になった本格的お茶漬けを簡単に味わうことのできる一品。

「トビウオくんせい生茶づけ」に使われるのは、けい水産の「生ハム風くんせい」の中でも濃厚な味わいの「トビウオ醤油くんせい」。化学調味料一切なしの天然トビ出汁100%で、子どもから大人まで安心して気軽に食べられる商品となっています。生ハムのような食感のトビウオと上品で旨味のある天然出汁のハーモニーが、食欲をそそります。

新商品「トビウオくんせい生茶づけ」の発売は、2014年4月頃を予定しています。
詳しくは、けい水産公式サイト keisuisan2014.com をご覧ください。


【商品情報】
商品名:トビウオ くんせい生茶づけ
内容量:約15g
販売価格(税込):未定
原材料:トビウオ(屋久島近海産)、食塩、トビ出汁パウダー、ごま、シソの実、赤とうがらし、醤油(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
特定原材料名:小麦・大豆
【販売元情報】
屋久島さかなくんせい けい水産(魚燻製製造・販売業)
代表 田中 啓介
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2437-62
TEL・FAX >> 0997-46-3797
E-mail >> keisuisan★cosmos.ocn.ne.jp
※★は@にしてメール送信ください。

※この製品は「平成25年度小規模事業者活性化補助金」により実施しております。

関連する記事

ritokei特集