つくろう、島の未来

2019年11月17日 日曜日

甑列島会議に参加したり
KOSHIKI ART PROJECTを見たりの目的で
ただいま鯨本は鹿児島は甑島列島におります。
いつもながらのたのしい島旅となっておりますが
以下、たのしい思い出などをすこしだけ。

甑島列島は鹿児島県の西側、
上甑島、中甑島、下甑島からなる列島で、
まずは、薩摩川内市の串木野新港から高速船で
一番上の上甑島へ渡りました。

ちなみに今回の旅は、
主に鹿児島で活動されている
海と波好き編集者の石神さんと
薩摩おごじょライターのさわださんに
コバンザメのようにくっついてまわります。
(※薩摩おごじょ=鹿児島の女性の意味)

島につくなり、KOSHIKI ART PROJECTの受付にもなってる
上甑島の甑島観光協会に向かい、
再会したかった方、会いたかった方ともご対面しました。

それから、目的のひとつKOSHIKI ART PROJECTの
展示作品をみんなで島をまわるわけですが、
KOSHIKI ART PROJECTのことは
別のコンテンツでのちほどUPしたいので
この場ではここまでにしまして・・・

お昼時に、
石神さん、さわださんについて
ひもの屋さんに立ち寄ったところ・・・

お店の奥の中庭になにやら予期せぬ光景。
なになになに?と思っていると、

赤イカ(刺身)が登場し、

イカの黒煮(墨をとらないで煮たイカ)や、

朝穫れの干したてカマスもあらわれ、

すばらしい島ランチをごちそうになりました。
木陰の中庭、
干物づくりをするお母さんが焼いてくれる絶品カマスに、
赤イカのお刺身・・・諸々、それはそれは美味しいものでした。
「塩梅」が絶妙というお母さんの干物には
たくさんのファンがいるとのこと。
ちゃきちゃき明るいお母さんのキャラクターもとてもステキで、
いやいや、本当に美味しかったです。

(鯨)

関連する記事

ritokei特集