つくろう、島の未来

2020年04月06日 月曜日

全国の有人離島より180島近くが集まるイベント「アイランダー2014」が、今年も11月22日・23日に池袋サンシャインシティで開催されます。

■全国の島々が大集合。2日間で1万人が訪れる「アイランダー」

11月22日・23日の2日間、全国の島が一堂に会し、自然・歴史・文化・生活などのすばらしさを島人自らがPRする「アイランダー2014」が、今年も東京・池袋で開催されます。「アイランダー」とは、島で生活する人、島を愛する人、島の発展を応援する人という意味をもつ造語で、離島地域の活性化を図る国内最大級のイベントとして、今年で22回目を迎えます。

今回は約180の離島がブース出展予定。各ブースでは、島での「生活」や「観光情報」のほか、移住のための「住まい」「仕事」「学校」「行政からの移住支援」についての情報が得られ、IUJターン者向けの情報も充実しています。また、今年の新たな取組として「ハローワークコーナー」を新設予定。ブースでは島の求人情報の提供はもちろん、ハローワークの職員が対応し、島での仕事について相談することができます。

今年初出展する島は、滋賀県の沖島(おきしま)と山口県の大津島(おおづしま)。近江八幡市沖島町に属する沖島は、昨年6月の離島振興対策実施地域の見直しにより新たに指定地域として追加され、日本唯一の淡水に浮かぶ有人島として話題になりました。周南市に属する大津島は、山陽新幹線 徳山駅より徒歩4分のフェリー乗り場から旅客船で19分とアクセスのよい島です。

また、会場のメインステージ「アイランダーステージ」では、島々の伝統芸能やライブが行われます。昨年、土砂災害復興優先のため出展が見送られた東京都の伊豆大島も今年は「ミス椿の女王」がステージに登場して、島の魅力をPRします(11/22 11:20〜 出演予定)。

その他、ワークショップ、物産販売、島のグルメなど見どころがいっぱい。
島への移住や旅行を考えている人はもちろん、これまで島に触れたことのなかった人も十分に楽しむことができる2日間。11月の三連休はぜひアイランダーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

■アイランダー2014 概要

日 程 2014年11月22日(土)10:00〜18:00
          23日(日)10:00〜17:00
会 場 池袋サンシャインシティ文化会館3F 展示ホールC
入場料 無料
主 催 国土交通省・公益財団法人日本離島センター
運 営 アイランダー2014実行委員会
ホームーページ http://www.i-lander.com/2014/
※出展離島、ステージスケジュールなどの詳細は
 アイランダー2014公式サイトにてご確認ください。

関連する記事

ritokei特集