つくろう、島の未来

2020年12月03日 木曜日

10月27日から、東京都江東区にある「TAP Gallery」で写真展「visit Sado」が開催されている。期間中は佐渡の味が楽しめるトークイベントも開かれる。

visit Sado風景

■佐渡の風景とともに味も楽しめる写真展

2015年10月27日から、東京都江東区のギャラリー「TAP Gallery」で、写真家 林田真季さんの写真展「visit Sado」が開催されている。写真展では、林田さんの視点で切り取られた佐渡島(さどがしま|新潟県)の風景を楽しむことができる。また、同タイミングに群馬県川場村で開催されている写真展「KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD 2015」にもノミネートされ、「visit Sado」の作品の一部が屋外展示されている。

期間中は多数のイベントが開催され、11月3日には新潟県出身のフードユニット「ごはん同盟」が、佐渡産の新米を使った「佐渡のおむすび屋台」を出店。また、11月7日に開かれるイラストレーター 平澤まりこさんのトークイベントでは、「佐渡バター」と焼きたてパンを味わうことができる。

visit Sado002

イベントに出店するごはん同盟の白井順一さんは、「同じ清澄白河(東京都江東区)に住む林田さんからお声がけいただきました。『写真以外にも佐渡の魅力を体験してほしい』とのことで、佐渡のブランド米を使ったおむすびや佐渡産の具材を握ろうと思っています。佐渡のお米は粒が小さく、味がしっかりしている。米粒の表面がピンと張っていることが特徴」(白井さん)。

佐渡島の景観と食事を楽しみに足を運んでみてはいかがだろう。会期は11月8日まで(毎週月曜定休)。

【関連サイト】
TAP Gallery

関連する記事

ritokei特集