つくろう、島の未来

2022年12月04日 日曜日

つくろう、島の未来

石垣島在住、大人気「石垣島ラー油」の生みの親である、実在の「辺銀」夫婦をモデルにした映画『ペンギン夫婦の作りかた』の試写会に行って来ました。小池栄子・ワン・チュアンイー主演の、一筋縄ではいかない、けれど温かい人たちに囲まれた島ぐらしの様子を描いた映画です。(10月20日公開)

小野です。
10月20日公開の『ペンギン夫婦の作り方』の試写会に行って来ました。
「辺銀(ペンギン)」というちょっと変わった夫婦が主役の映画。
実は、こちら、石垣島に移り住み、大人気商品である「石垣島ラー油」の開発者である、辺銀夫妻をモデルに作られた映画なのです。(夫妻について、詳細はこちらを御覧ください)
映画の原作である『ペンギン夫婦が作った石垣島ラー油のはなし』(マガジンハウス)という書籍には、二人が出会ってから石垣島に移住するまで、石垣島での生活の話、ラー油の話がまとめられています。
ハイテンションで思い込んだら一直線な「歩美」を演じる小池栄子さんと、のほほんとした天然キャラの夫「暁峰」を演じるワン・チュアンイーさんの、二人の対照的なキャラクターがいい味を出しています。
また、映画に度々出てくる「島ごはん」の数々が、湯気がスクリーンから上ってくるんじゃないかと思うくらい美味しそうで、思わず島に行きたくなりました。
映画のレビューは10月20日発行の『季刊リトケイ』04号に掲載予定ですので、みなさま、お楽しみに!

infomation

「ペンギン夫婦の作り方」(10月20日公開)

夫の勤める会社が倒産し、石垣島に移住してきた歩美と暁峰の国際結婚カップル。島の温かな人々に囲まれながら、二人は自分たちの好きな「ラー油作り」に取り組む。全国ユナイテッド・シネマほかにて公開予定。

原案:辺銀愛理「ペンギン夫婦が作った石垣島ラー油のはなし」(マガジンハウス刊)

監督:平林克理
脚本:アサダアツシ、平林克理
出演:小池栄子、ワン・チュアンイー、深水元基ほか
製作:リッツプロダクション、VAP、ユナイテッド・シネマ、KDDI
ダブプレス、スターキャスト・ジャパン
配給:プレシディオ

関連する記事

ritokei特集