つくろう、島の未来

2024年06月20日 木曜日

つくろう、島の未来

雄大な自然のもとで、人と人とが支え合い、本物の文化にふれる。

そんな「離島」での子育てに興味のある方、島で子育てをしている方、島の子育て環境をより良くしたい方に向けた「シマ育勉強会」の第6回目は「甑島のウミネコ留学に学ぶ子どもたちを包み込む圧倒的コミュ力」です。

鹿児島県は薩摩川内市沖に3つの島が連なる甑列島(こしきれっとう|鹿児島県)の下甑島・鹿島(かしま)地区では、平成8年より「ウミネコ留学」を実施しています。

恐竜の化石が出土することでも知られる鹿島地区。ウミネコ留学では、里親家庭にステイする里親留学や、家族留学、祖父母のもとから学校に通う孫戻し留学で子どもたちを受け入れています。

ウミネコ留学の特徴は、地域で留学生を支える圧倒的なコミュニティ力とコミュニケーション力。

20年以上にわたり、さまざまな子どもたちを受け入れてきた経験豊富な里親チームをはじめ、学校・地域・診療所などのコミュニティのなかで、島の子どもたちも留学生もみんながのびのびと、たくましく育っているのです。

今回の勉強会では、そんなウミネコ留学を支える里親や鹿島小学校の皆さんらをゲストに、留学制度の概要や「圧倒的なコミュニティ力」の秘密や、ウミネコ留学の様子を紹介します。

ウミネコ留学では2024年2月末日まで令和6年度の留学生の募集も行っています。来年度の留学を検討中の親子必見。ぜひご参加ください。

>>ウミネコ留学募集概要
>>薩摩川内市立鹿島小学校

ポイント
・平成8年から積み上げてきた「ウミネコ留学」の経験と成果
・旧鹿島村のアイデンティティが生きる鹿島地区の魅力
・子どもたちの様子(平日、休日、長期休み、放課後の過ごし方など)
・里親さんが語る「ウミネコ留学」エピソード など

モデレーターはウミネコ留学取材に出かけたリトケイ事務局長の多和田真也が担当します。参加は無料。ぜひご参加ください。

【シマ育勉強会Vol.6 イベント概要】

テーマ:「甑島のウミネコ留学に学ぶ子どもたちを包み込む圧倒的コミュ力」
日時:2023年12月21日(木)20:00〜21:00
会場:Zoom MTGによるオンラインイベント
  (事前申込いただいたメールアドレス宛にURLをお届けします)
参加費:無料
申し込み方法:下記のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/js1a3L8NyWwAmZfq7

内容:
・平成8年から積み上げてきた「ウミネコ留学」について
・旧鹿島村のアイデンティティが生きる鹿島地区の魅力
・子どもたちの様子(平日、休日、長期休み、放課後の過ごし方など)
・里親さんが語る「ウミネコ留学」エピソード など
・質疑応答
ゲスト:学校の皆さん、里親の皆さん、地域の皆さんを予定
モデレーター:多和田真也(NPO法人離島経済新聞社事務局長)


『季刊ritokei』は全国の公式設置ポイントにて配布・閲覧を行なっています。お近くの公式設置ポイントは一覧からご確認ください。

>>『季刊ritokei』公式設置ポイント一覧

飲食店や公共施設、企業のオープンスペースなど、誰でも立ち寄れる場所に『季刊ritokei』を無料設置していただけます。設置を希望される施設の方は、こちらをご覧の上、申し込みフォームよりご連絡ください。

また、子どもや青少年の学びを目的とした活動に『季刊ritokei』を無料で毎号お届けしています。ご活用を希望される学校・教育関連施設の方は、「活用方法」「希望部数」「送付先」の情報を添えてお問い合わせフォームよりご連絡ください。

>>離島経済新聞社お問合せフォーム


ウェブメディア『ritokei』掲載記事のまとめやリトケイからのお知らせを、メールマガジン『リトケイ通信』でお届けします。配信を希望される方は以下のフォームよりお申し込みください。
>>メールマガジン配信お申し込みフォーム

NPOリトケイは日本の島々に存在する「小さくても大切な課題の解決に必要な活動」や「島の宝を未来につなげるために必要な活動」を、中長期的に展開することを目的に活動しています。

ウェブメディア『ritokei』およびフリーペーパー『季刊ritokei』は、活動に賛同してくださるサポーターや寄付者の皆さまからお寄せいただく支援により発行しています。

リトケイは島を想う皆さまの応援(寄付・協賛・サポーター)を心よりお待ちしております。

関連する記事

ritokei特集