つくろう、島の未来

2020年04月07日 火曜日

6月17日、インターネット上で島に関心のある人々と、島の住民らが集い交流を図るオンラインサロン「島で、暮らそう」がオープンした。同サロンでは、全国の島々を対象に、島暮らしの実情を知りながら、移住希望者がライフスタイルに合う島を探すことができる。

ラウンジ画像1

主催する「SUKI→JAPAN」は、これまで長崎県五島列島を中心に島コンをはじめ島関連イベントを企画し、移住定住を促進してきたが、参加者が移住先を選ぶ理由が、人との出会いや縁に集約されてきたことから、それ以外の可能性を拓くためサロン開設を企画した。

ラウンジ画像2

SUKI→JAPANの狩野真実さんは、サロンでの取り組みについて「例えば『サーフィンしながら生計を立てられる島は?』といった質問にも、実際に島に暮らす経験者なら答えられます。また、現在参加する島の住人の多くは、島の体験ツアーやイベントを企画しているUIターン者なので、島関連のイベントを始めたい人の相談にも答えています」と話す。

今後も、島好きの個人的な疑問を解消する場として運用されていく予定。


【関連サイト】
DMM Lounge「島で、暮らそう」(SUKI→JAPAN)

関連する記事

ritokei特集