つくろう、島の未来

2018年11月21日 水曜日

福岡市・対馬市・壱岐市・五島市・新上五島町・屋久島町の4市2町が連携し、実施している広域連携プロジェクト「Re島プロジェクト」の人材育成セミナーが、2/26〜3/9にかけて各島で開催されます。テーマは「島の魅力が伝わる情報発信とは?」(講師:離島経済新聞社代表理事 大久保昌宏)。ぜひご参加ください。

RetoPJ_l

情報発信セミナー「島の魅力が伝わる情報発信とは?」開催!

「福岡から直行便で行けること」が共通する対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町、屋久島町と、福岡市が連携する広域連携プロジェクト「Re島(りとう)プロジェクト」では、島々に暮らす方々のスキルアップを目的にしたセミナーを開催しています。

2/26から3/9にかけて、対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町、屋久島町に暮らす方々を対象に、「島の魅力が伝わる情報発信とは?」と題した情報発信講座を開催。

講師は、離島専門ウェブメディア『離島経済新聞』や離島専門フリーペーパー『季刊リトケイ』を発行する、NPO法人離島経済新聞社代表理事の大久保昌宏が担当。離島専門メディアを発行するなかで発見してきた島の魅力を伝えるポイントや、コンテンツづくりの基本、他島の事例などを紹介します。

また、講座では「Re島プロジェクト」の概要や本プロジェクトの運用メディア「Re島ちゃんねる」についても紹介。情報発信に興味のある方、日頃から情報発信をされている方(プロアマ問わず)、情報発信をお仕事にしている方など、幅広くご参加いただけます。お申し込みは各地の役場担当課または、専用フォームにてお申し込みください(※各地域の開催日程を必ずご確認ください)。

■プログラム内容

・情報メディアの基本と離島地域の情報メディア事例
・「Re島プロジェクト」運用メディアの概要について
・あなたが暮らす島の情報発信状況について
・「島の魅力が伝わる」コンテンツづくりの基本 など
(※プログラムの内容が一部変更になる場合がございます)

■メイン講師紹介

大久保 昌宏(おおくぼ まさひろ)
NPO法人離島経済新聞社代表理事。2010年に統括編集長鯨本あつこらと離島経済新聞社を設立。有人離島専門メディア『離島経済新聞』、有人離島専門フリーペーパー『季刊リトケイ』を通じて、日本全国の離島情報を発信しながら、島の事業者と大手民間企業とのタイアップ支援、全国の小学校で「地域への愛着醸成」を目的とした新聞づくりプロジェクトなど、島づくりに関わる事業を展開。内閣府特定有人国境離島地域プロジェクト推進アドバイザーとして離島地域を行脚。「人と人とのつながり」「人と自然が共生する暮らし」「伝統文化を継承する心」など、原初的な価値が残る離島地域が、これからの日本のヒントになると信じて鋭意活動中。

■開催日程

<屋久島町>
日時:2018年2月26日(月)13:30〜16:00
会場:屋久島町役場本庁2階会議室(長峰)
電話:0997-43-5900
お申込み〆切:2月22日(木)まで

<新上五島町>
日時:2018年2月28日(水)13:00~15:30
会場:新上五島町消防本部 3F会議室(視聴覚室)
電話:0959-42-3851
申し込み締め切り:2月23日(金)まで

<五島市>
日時:2018年3月6日(水)13:30〜16:00
会場:五島市立勤労福祉センター 2F
電話:0959-74-0811

<対馬市>
日時:2018年3月7日(水)13:30〜16:00
場所:対馬市交流センター 4F 視聴覚室
時間:13:30~16:00
締切:2月28日(水)

<壱岐市>
日時:2018年3月9日(金)13:30〜16:00
会場:壱岐テレワークセンター(フリーウィルスタジオ:原の辻ガイダンス奥)
電話:0920-48-1137
お申込み〆切:2月28日(水)まで

■お申込み方法

申込みをご希望の方は、各地域の申込み〆切日までにお電話または こちらの専用フォームよりお申し込みください。

■Re島プロジェクトとは?

福岡市・対馬市・壱岐市・五島市・新上五島町・屋久島町の4市2町にて実施中の広域連携事業。1年間に約2,000万人(平成27年度)もの観光客が訪れる福岡市と、福岡市内から直航便で渡ることのできる離島地域とが連携し、福岡ファン、離島ファンのどちらにも旅行を楽しんでいただけるよう観光連携を進めています。

【関連リンク】

・Re島ちゃんねる https://www.retochan.com/

関連する記事

ritokei特集