つくろう、島の未来

2022年12月02日 金曜日

つくろう、島の未来

海辺に漂着する海ごみ問題が世界規模で深刻化するなか、離島経済新聞社では、特に島の住民や行政だけでは解決の難しい「小規模離島」の海ごみ問題について、リトケイ読者や企業・団体の皆様と共に考え、実行する「小規模離島の海ごみ問題を考える会」を立ち上げました。11月25日(金)にはオンライン勉強会を開催。同会のFacebookグループと共に参加者を募集しています。リトケイと一緒に、この問題について考えませんか?

人口概ね500 人未満の海ごみ問題とは?

2022年度、離島経済新聞社では日本財団「海と日本PROJECT」と共同で、小規模離島地域における海ごみ問題の実態調査を実施。人口概ね500人未満の島々のうち有効回答のあった101島の結果から、人手不足や資金不足、島内で処理できないごみの搬出費用の問題等、多様な問題が浮き上がってきました。

<参考記事>
「人手が足りない!資金が足りない!キリがない! 人口500人以下小規模離島の「海ごみ」問題を考える」(有人離島専門メディア『ritokei』)
https://ritokei.com/kurashi/26972

日本全国にはクリーンアップ活動を行う個人・団体が多様に存在しますが、小規模離島においては、受け皿となる人材不足により活動の実施や周知、継続や拡大に多くの課題を抱えています。

そこで離島経済新聞社では、有人離島専門メディア『ritokei(リトケイ)』読者層をはじめ、地域課題の解決に関心のある方々と共に、小規模離島の海ごみ問題を島外から支える「サポーター」となり、継続支援を行うためのコミュニティを立ち上げます。

初年度として、小規模離島地域の実態調査より課題を抱える3地域と連携。同地域の実情を共有しながら、海ごみ清掃に関する先進事例の紹介や意見交換を行う「小規模離島の海ごみ問題を考える勉強会」を開催し、これらの参加者が継続的に情報交換を行えるSNSコミュニティの運用をスタートします。

海ごみ問題はもちろん、小規模離島の暮らしや地域づくりに関心のある皆さまであれば、どなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。

<こんな人におすすめ>
●海ごみ問題に興味・関心がある
●島の海ごみ清掃活動に参加したい
●企業のCSR・SDGsの取り組みとして参加したい
●大学のゼミやサークルの活動として参加したい
●小規模離島の暮らしや地域づくりに興味がある など

11/25開催!小規模離島の海ごみ問題を考える勉強会

日時:2022年11月25日(金)13:00~15:00
形式:オンライン(会議ツールZoomを使用)
参加対象者:海ごみ問題や小規模離島の地域づくりに興味関心のある個人・企業・団体の皆さまなど
参加費:無料
参加方法:以下より事前登録。追ってURLをお送りします。
https://forms.gle/ETeYeBqHYcsP5WQc7
応募締切:2022年11月24日(木)12:00
主催:NPO法人離島経済新聞社
後援:日本財団「海と日本プロジェクト」

小規模離島3地域

地島(じのしま)
福岡県宗像市の地島は周囲9.3キロメートル。人口約130人。2003年にスタートした離島留学が人気。海ごみ清掃の一部で島外人材の協力も得ているが、人手・費用の不足や島外搬出など課題が残る。

魚島(うおしま)
愛媛県上島町の魚島は周囲6.5キロメートル。人口約120人。因島の土生港から魚島港まで船で約60分。公民館活動として海ごみ清掃を行っているが、人口減少や高齢化による人手不足が深刻化している。

浮島(うかしま)
山口県周防大島町の浮島は周囲6.8キロメートル。人口約180人。水産業が盛んな浮島では海ごみ清掃も漁協が中心となり実施。費用不足や海ごみにより魚が傷つくなどの問題を抱えている。

登壇者

金城由希乃(きんじょう・ゆきの)
沖縄県沖縄市出身。「サンゴに優しい日焼け止め」の企画販売や、地域とビジターを繋ぎ海岸清掃を行う「プロジェクトマナティ」を立ち上げ、いつでも気軽にクリーンアップでき、地域の人と繋がるプロジェクトを始動。協力拠点が90箇所に広がり、多くの地域と共に優しさで繋がる輪を広げている。「JCI JAPAN TOYP2019」環境大臣奨励賞、「生物多様性アクション大賞2018」審査員賞等を受賞。プロジェクトマナティ https://www.manatii.org/

松本友哉(まつもと・ともや)
合同会社とびしま業務執行社員。2012年に飛島へ移住。UIターンと「合同会社とびしま」を設立。企画とデザインを専門として、社内各事業のクリエイティブを担当するほか、社外数社においてCDO(Chief Design Officer)として活動。近年は飛島のオンラインコミュニティ「Cloud Island」構想を推進。海ごみと戦う「飛島クリーンアップ大作戦」や海ごみ回収ロボットの開発などに携わる。合同会社とびしま https://www.tobi-shima.com/

宮坂大智(みやさか・だいち)
村おこしNPO法人ECOFF代表理事。日本島嶼学会会員、国際島嶼学会会員、東京農業大学探検部OB。焼尻島や伊豆諸島、トカラ列島など国内外の離島や農山漁村で「住み込み型ボランティア」ツアーを主催。2011年の創業から延べ2,600人の若者が参加する同ツアーでは、海ごみ清掃を含む多様なボランティア活動が行われている。村おこしNPO法人ECOFF https://ecoff.org/

司会 鯨本あつこ 離島経済新聞社代表・統括編集長
調査報告 松本一希 リトケイ編集部・島の未来づくり推進室

ご参加ください!小規模離島の海ごみ問題を考える会(SNS)

小規模離島の海ごみ問題を解決するには、たくさんの人手・資金・アイデアと継続的な取り組みが必要です。この問題について継続的に情報交換を行える場として、SNSコミュニティの運用を開始します。興味のある方はFacebookページより申請ください(Facebookアカウントが必要になります)。
URL:https://www.facebook.com/groups/umigomi

【各メディアの皆さまへ】情報発信によりご協力ください

この取り組みについて掲載・ご取材くださるメディアの皆さまへ、必要な素材やコメント等をご提供します。離島経済新聞社のお問い合わせフォームよりご一報ください。

関連する記事

ritokei特集