つくろう、島の未来

2019年11月17日 日曜日

リトケイ編集局ではただいま「台割」と呼ばれるものをつくったりしています。島記者や島コラマーの方々にご執筆いただく記事のほか、一般の方からご応募いただいてつくるエリアも用意しており、

心地のよい秋空の下、
水辺の鴨はのんびり見えても
水面下ではじたばたしているもの。

そんな鴨状態のリトケイ編集局では
ただいま「台割」と呼ばれるものを
つくったりしています。

先日のあーだこーだ会議を経て、
何と何をいれようか、これをいれようか、
どのページになにをいれようか、と
16Pの流れを組み立てたりしています。

『季刊 リトケイ』には、
島記者や島コラマーの方々に執筆いただく記事のほか、
一般の方からご応募いただいてつくるエリアも用意しており、
できるだけ沢山の島々情報を掲載できるよう、
試行錯誤しております。

この「一般の方からご応募いただけるエリア」は
今日~明日のうちに情報をOPENいたしますので、
ご興味のある方はぜひ、チェックしてみてください。

鯨(@ただいま鴨)

関連する記事

ritokei特集