つくろう、島の未来

2022年10月01日 土曜日

つくろう、島の未来

2012年となりました。春の震災をうけ大変な混乱が続いてきた2011年を越えてはじまった新しい年を、素晴らしい年にしていけるように。

(小豆島でもらったハート型のオリーブの葉)

2012年となりました。
リトケイは、元旦より『季刊ritokei』の島取材にでかけ
たくさんの島人さんにお世話になってしまいました。
小豆島の皆さん正月早々にありがとうございました。

春の震災をうけ大変な混乱が続いてきた
2011年を越えてはじまった新しい年を、
素晴らしい年にしていけるよう、
離島経済新聞社は、毎日を大事にしながら
出来る限りのことをしていきたいと思います。

2011年の1年間、
WEBの『離島経済新聞』は、よちよち歩きながら、
たくさんの島人や島好きのみなさんに
支えられながら、続けてくることができ、
秋には紙の『季刊ritokei』創刊準備号を
発行することができました。

2012年のリトケイには、
1月20日に『季刊ritokei』創刊号が発行されるという
ビッグなイベントが控えており、
(実は〆切の2週間前ともあってドキドキしております)
その後、春にかけてWEBリトケイの『離島経済新聞』を
もっと使える、もっと楽しめる島サイトにできるよう、
順次リニューアルを施していく予定で、
春と夏と秋、3ケ月に1度のペースで、
『季刊ritokei』を発行していきます。

なんだか慌ただしさが感じられるリトケイ、
初期から遊びにきてくれている方には
「そんなに大丈夫?」と心配の声をいただいたり、
「楽しみにしてます」と言っていただいたりで、
やはり相変わらず支えられっぱなしですが、
いつも応援してくださる方はもちろん、
たくさんの島が好きな方々に、
楽しんで使ってもらえるメディアになれるように、
しっかり歩んでいきたいと思っております。

そんなリトケイですが、
今年も楽しんで頂けたら嬉しいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(鯨)

関連する記事

ritokei特集