つくろう、島の未来

2022年09月28日 水曜日

つくろう、島の未来

島々のベストシーズンが来る前にリトケイ「鯛」を広めたいリトケイ。明日より待望の場所でのお取り扱いがスタートします。

ritopop1202-thumb-400x300-896

こんにちは、鯨本です。

「みんなの島新聞」という呼び名もつけている

離島専門タブロイド紙『季刊リトケイ』は

少しずつ島好きさんの元へ届いております。

しかし、まだまだアンダーグラウンドな島新聞。

もうすぐ春が来て、島々に向かう人が増えるまえに

いろんな場所にお取扱いポイントを増やしたい所存です。

国内約430の有人離島の中には、

冬場は「欠航」しがちな航路も多いので、

自然と島々のベストシーズンは春夏が多いもの。

(でも私はインドア派なもので冬場の島々も好きです)

つまり、もうすぐシーズン到来!という訳なので、

これにはリトケイも便乗するしかなく

島人、島好きのみなさんと島々への想いに

火をつけていけたらと思っております。

そこで、21日からは島好きの方ならどなたでも参加できる

キャンペーンもスタートしますので詳細は

のちほどインフォメーションよりお知らせいたします。

・・・と、前置きが長くなりましたが、

タイトルに話を戻しますと、

実は、明日よりリトケイは待望の場所での

お取り扱いがスタートします。

とても広い場所になるので、

リトケイがあることも大きめに伝えなくてはと思い、

大きめのポスターを発注。

tai02192-thumb-400x300-884

そして、細長い筒に入ってやってきたのは・・・

tai0219-thumb-400x300-887

巨大な鯛!

巨大になると、

当然ウロコの「全有人離島名」も大きくなる訳で、

島々の名前が探しやすく、楽しいです。

巨鯛ポスターのお供に、

冷やし中華をはじめるかのような

ミニポスターと、島名をさがせるDMも準備。

tai02193-thumb-400x300-890

さて、この鯛たちが、

一体どこに現れるかというと。。。。

takeshimba-thumb-400x300-893

こちら。

登場時間は未定ですがリトケイの巨鯛は、

東京島の玄関口で島人、島好きのみなさんをお迎えいたします♪

ちなみに、巨鯛が設置される写真右奥の売店では

『季刊リトケイ』を購入いただけますので

東京島のみなさん、どうぞお楽しみに♪

(鯨)

関連する記事

ritokei特集