つくろう、島の未来

2022年09月26日 月曜日

つくろう、島の未来

3月のはじめに開催された「FOODEXJAPAN2012」。次号の『季刊リトケイ』のリサーチに行ってきました。

こんにちは!

編集企画アシスタントの小野です。

3月6日〜9日の間に行われた、

「FOODEXJAPAN2012」に行ってまいりました!

foodex_logo-thumb-400x300-1125

「FOODEXJAPAN」とは、

アジア最大級の食品・飲料品の展示会・・・

とサイトに書いてありますね。

なぜそこにリトケイ編集部がやってきたのかというと、

foodex-thumb-400x300-1119

これこれ。

日本全国の島の特産物が

遠路はるばる集まるからなのです!

食いしん坊にはたまらない!!

特にお目当てなのは・・・

IMG_0316-thumb-400x300-1134

「酒!」

実は、4月20日に発行される

『季刊リトケイ02号』の第2特集は「島酒肴」!

全国の離島でつくられる島酒たちを

集める企画を予定しています。

foodex_iki-thumb-400x300-1122

こちらは、むぎ焼酎で有名な長崎県壱岐島のブース。

ikisyochu-thumb-400x300-1131

うーん、

「壱岐」がこんなに並んでいるのは壮観です。

そして、酒特集のためにリサーチすべく、

「おじさん!おすすめのお酒教えて!」

(※こんなに気安く声はかけていませんが)

「おすすめ・・・うーん(悩む)

 ・・・まあ、これだね」

とおすすめしてくれたのは、

シンプル&スタンダードな伝統ある銘柄。

ほぅほぅ。他には?

「う〜ん・・・いや、やっぱこれだね」

・・・と、こんなやりとりを

他の島のブースでも繰り返すこと数回。

なるほど。

各酒造によって、

商品のバリエーションの差はあるものの、

みなさんが最終的に押すのは、

その酒造が創業以来ずっと造り続けている

「定番の一品」ということがわかってきました。

ずっと造り続けているだけに、

愛情もこもっているんですね!!

これはますます、

次の特集が楽しみになってきました!

お酒好きにも嬉しい、

『季刊リトケイ』02号は、4月20日発行です。

みなさんお楽しみに〜^^!!

(小野)

関連する記事

ritokei特集