つくろう、島の未来

2024年03月03日 日曜日

つくろう、島の未来

\まさに“地球の上で生きる”小さな島の子育て/
「トカラ列島の子育て&留学&保育士のお仕事」勉強会

雄大な自然のもとで、人と人とが支え合い、本物の文化にふれる。
そんな「離島」での子育てに興味のある方、島で子育てをしている方、島の子育て環境をより良くしたい方に向けた「シマ育勉強会」の第5回目は「トカラ列島の子育て&留学&保育士のお仕事」。

鹿児島県は屋久島と奄美大島の間、南北160キロメートルに島々が並ぶトカラ列島(十島村)よりゲストをお迎えし、人口約60人〜130人の島々の「子育て環境」「島留学」「保育士のお仕事」についてご紹介します。

ポイント
●約60人〜130人の7島すべてに学校がある十島村の秘密とは?
●定期船は週2便が往復。秘島とも呼ばれる十島村の魅力とは?
●「小さな島は大きな家族」という島の子育てとは?
●自然豊かな島の保育士のお仕事とは?

モデレーターは今年、トカラ列島のシマ育取材に出かけたリトケイ事務局長の多和田真也と『シマ育コミュニティ』副編集長のネルソン水嶋が担当します。
参加は無料。ぜひご参加ください。

【シマ育勉強会Vol.5 イベント概要】
テーマ:「トカラ列島の子育て&留学&保育士のお仕事」
日時:2023年11月30日(木)20:00〜21:00
会場:Zoom MTGによるオンラインイベント
  (事前申込いただいたメールアドレス宛にURLをお届けします)
参加費:無料
申し込み方法:下記のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/3tpZjt34aYF1VdAQ6

内容:
●十島村(トカラ列島)の暮らしや子育て環境について
●7島で子どもたちを受け入れる離島留学について
●保育士のお仕事と保育士募集中の島々について
●質疑応答

ゲスト:
十島村の皆さん

モデレーター:
多和田真也(NPO法人離島経済新聞社事務局長)
ネルソン水嶋(『シマ育コミュニティ』副編集長)


シマ育とは?
「シマ(=互いに支え合える地域共生コミュニティ)の中で多様な人と関わり、本物の自然・文化にふれながら人間力を育む」ことのできるシマ育環境と、より良い子育て環境をさがす全国の親子が出会えるよう、登録無料の会員サイト『シマ育コミュニティ』を開設!有人離島専門メディア『ritokei』を発行するNPOリトケイが日本財団と共に運営しています。

>>シマ育とは?
https://shimaiku.ritokei.com/shimaiku/

小さな島にある無限の可能性をのぞいてみませんか?
『シマ育コミュニティ』にぜひご登録ください♪

>>登録無料の会員サイト『シマ育コミュニティ』
https://shimaiku.ritokei.com/


ウェブメディア『ritokei』掲載記事のまとめやリトケイからのお知らせを、メールマガジン『リトケイ通信』でお届けします。配信を希望される方は以下のフォームよりお申し込みください。
>>メールマガジン配信お申し込みフォーム

NPOリトケイは日本の島々に存在する「小さくても大切な課題の解決に必要な活動」や「島の宝を未来につなげるために必要な活動」を、中長期的に展開することを目的に活動しています。

ウェブメディア『ritokei』およびフリーペーパー『季刊ritokei』は、活動に賛同してくださるサポーターや寄付者の皆さまからお寄せいただく支援により発行しています。

リトケイは島を想う皆さまの応援(寄付・協賛・サポーター)を心よりお待ちしております。

関連する記事

ritokei特集