つくろう、島の未来

2020年10月29日 木曜日

【読者アンケート】「島から考えるポストコロナ社会」へ島の皆さまの声をお寄せください(10月4日迄)

離島経済新聞社では、2020年11月下旬に公開・発行予定の特集「島から考えるポストコロナ社会(仮題)」の制作にあたって、全国の離島地域にお住まいの皆さまへご協力願いたい読者アンケートを実施しています。ぜひご協力ください。

「島から考えるポストコロナ社会(仮題)」読者アンケートご協力のお願い

2020年初頭、世界中に広がった新型コロナウイルス感染症は、離島地域を含む日本社会全体に多大な影響を与えています。

新型コロナの拡大から半年以上が経過し、明解な封じ込め策もみつからない現在は、ウィズコロナ(新型コロナとの共生が求められる社会)と呼ばれ、世界中が手探りでウィズコロナやアフターコロナ(新型コロナ収束後の社会)への対応を協議しています。

そんな中、有人離島専門メディア『ritokei(リトケイ)』では、島々に暮らす皆さんの視点からポストコロナ(新型コロナの発生をきっかけに変化する社会)を考えられるよう、「島から考えるポストコロナ社会」の特集制作に踏み切りました。

約400島の有人離島には、豊かな自然があり、人と人が助け合う社会が存在する共通点もありますが、人口規模や交通条件などさまざまな条件によって異なる課題も存在します。本特集では、新型コロナの発生という大きな社会変化を踏まえ、島によって異なる課題に目を向け、島のより良い未来につながるよう皆様の知恵を集めたいと考えております。

回答には10分程度のお時間を頂戴しますが、ぜひこの機会に、皆さまのお考えをお寄せいただけると幸いです。

▼「島から考えるポストコロナ社会(仮題)」アンケートは、以下の画像をクリックしてください

皆さまのご協力を離島経済新聞社一同、心よりお待ちしています。