つくろう、島の未来

2021年06月19日 土曜日

6/6(日)ライブ配信 ”さかな芸人&中学生のさかな博士と一緒に続編トーク♪リトケイの「おいしい!楽しい! 島の魚食図鑑」”

2021年6月6日(日)、有人離島情報専門フリーペーパー『季刊リトケイ』35号「おいしい!楽しい! 島の魚食図鑑」からあふれだした(掲載しきれなかった)話題を、オンラインでお届けするライブ配信トークを企画しました。

ゲストは『季刊リトケイ』35号にも登場し、プロの漁業関係者の間でも超難関として知られる「日本さかな検定」(通称ととけん)1級を持つお二人。リトケイ編集長・鯨本あつことともに「島の魚食」の魅力についてお届けします。

参加は無料!リアルタイムで質問も受け付けますので、ぜひお気軽にご参加ください。

▼こんな人におすすめ!
・島が大好き
・お魚大好き(見るのも食べるのも)
・釣りが好き
・珍しい魚料理に興味がある
・島の食文化に興味がある
・魚食嫌いのお子さんがいる方(親子での視聴も歓迎します!)

▼さかな芸人&中学生のさかな博士と一緒に続編トーク♪リトケイの「おいしい!楽しい! 島の魚食図鑑」概要
日時:6/6(日)11:00~12:00
会場:Facebookライブ、Youtubeライブ
配信URL:
離島経済新聞社 Facebook
離島経済新聞社 YouTube
参加費:無料
主催:NPO法人離島経済新聞社

▼魚を愛するゲスト

さかな芸人ハットリ
1988年9月5日神奈川県横浜市生まれ。福岡県福岡市育ち。
福岡大学付属大濠高等学校、早稲田大学教育学部卒業。幼少期より父親の影響で渓流釣りに親しみ、大学時代はスキューバダイビングに熱中。早稲田大学のお笑いサークル早稲田寄席演芸研究会に所属後、2010年より芸人として活動開始。
2014年日本さかな検定(通称ととけん)1級に合格。著書に2018年に216日間かけて行った「300種類の魚を釣るまで、自分で釣って調理した魚以外食べないチャレンジ」を基にした『日本一魚好きな芸人の魚図鑑さかな芸人ハットリが日本一周して出会った魚たち』(KADOKAWA)。

伊藤柚貴(いとう・ゆずき)
2008年生まれ。福岡県在住。
2019年8月、「日本さかな検定」1級に史上最年少の小学5年生で合格。著書に6歳の頃から自分が食べてきた400種近くに上る魚のほとんどをスケッチし、それら全てについて独自の基準で格付けした”魚食ノート”をまとめた『さかな博士の レアうま魚図鑑』(日東書院本社)。

▼島を愛する司会担当

鯨本あつこ(いさもと・あつこ)
1982年生まれ。大分県日田市出身。
NPO法人離島経済新聞社代表理事・有人離島専門メディア『ritokei(リトケイ)』統括編集長。「つくろう、島の未来」をコンセプトに、国内400島余りの有人離島地域の情報を編集・配信。地方誌編集者、経済誌の広告ディレクター、イラストレーター等を経て2010年に離島経済新聞社を設立。2012年ロハスデザイン大賞ヒト部門受賞。一般社団法人石垣島クリエイティブフラッグ理事。美ら島沖縄大使。2児の母。

離島経済新聞社は「海と日本PROJECT」推進パートナーとして、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げる活動の一環として『季刊ritokei』35号「おいしい!楽しい! 島の魚食図鑑」特集を制作いたします。詳しくはこちらをご覧ください。