つくろう、島の未来

2022年09月24日 土曜日

つくろう、島の未来

島の希少豆がmiinoに?!
島の極旨農産物を掘りだそう
カルビー×粟島一人娘プロジェクト

人口約300人が暮らす粟島(新潟県粟島浦村)には、
島の人々が大切に育ててきた「一人娘」と呼ばれる青大豆があります。
潮風が吹きつける豊かな土壌で育った一人娘はおどろくほど風味豊か。
知る人ぞ知る名産品であり、粟島自慢の農産物です。

しかしながら、多くの過疎地域が抱える課題と同様に
少子高齢化や生産者の減少により、一人娘の生産も減少傾向に。
わずかな生産量では流通にのせることも簡単ではなく、
「一人娘」の未来は危ぶまれていました。

そんなある日、カルビーの社員が「一人娘」と出会いました。
ポテトチップスやかっぱえびせんなど人気商品の開発を担ってきた面々が
こぞって「おいしい!」とおどろいたその時から、
粟島一人娘×カルビーのプロジェクトがスタート。
ここから何が誕生するのか。リトケイが追いかけます。

関連記事