閉じる ×

「島のことはリトケイで」
離島地域専門WEBメディア

離島経済新聞

 

【編集部員石原の島酒日記】奄美黒糖焼酎語り部、シマ唄ライブにトーク出演

リトケイ編集部の島酒担当記者、石原です。「島酒日記」では、取材をしながら出会った島酒や島酒の造り手さんたちのことを徒然にお話ししています。

この夏、リトケイ統括編集長・鯨本あつこと島酒担当記者・石原みどりの共著『くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り 〜奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話〜』(西日本出版社)が発売されました。

この本では、奄美大島に暮らしていた私が奄美群島の蔵巡りで感じたことや、黒糖焼酎造り手さんたちとの思い出などを盛り込みつつ、島酒担当記者として、奄美群島と黒糖焼酎について少しだけ専門的にご紹介しています。島やお酒が大好きな皆さんに読んでいただけたらうれしいです。

さて、そんな黒糖焼酎についての話題をお送りします。

%e3%82%b5%e3%83%8d%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%99

先日、奄美黒糖焼酎語り部として初めてイベント出演した「奄美ナイト」の様子をご報告しましたが、8月下旬に行われたシマ唄の会で、トーク出演の機会をいただきました。その様子をお伝えします。

「奄美黒糖焼酎語り部」は、鹿児島県酒造組合奄美支部が主催する「奄美黒糖焼酎語り部養成講座」を受講し、筆記試験とテイスティング試験を経て認定されます。認定された語り部は、全国で110名(2016年8月現在)になります。今回のシマ唄の会では、私と語り部仲間の2人で黒糖焼酎をご紹介しました。

asabana

中華料理店を貸し切って催されたシマ唄の会

今回シマ唄を披露されたのは、東京でシマ唄教室に通う生徒さん同士で結成したユニット「サネンバナ」。神奈川県伊勢原市の中華料理店を貸し切ってのシマ唄の会は、20名程のお客さんでほぼ満席。奄美ではよくシマ唄の歌いはじめに歌われる「朝花節(あさばなぶし)」で、宴の幕開けです。

シマ唄のライブを挟み、私たち黒糖焼酎語り部による、黒糖焼酎トークタイム。今回は、奄美黒糖焼酎について簡単な説明と、お店で扱いのある2蔵をご紹介。プリントをお配りし、話に興味がわいたら後で読み返してもらえるようにしてみました。

kataribeshiryou

お配りした資料(石原用)。トーク前にちょっとしたこぼれ話なども書き込みしておきます

黒糖焼酎は初めてというお客さんも多く、「黒糖が入っているのに、無色なのはどうして」「初めて飲んだ。黒糖焼酎は甘いんじゃないかと思ったら、甘くないんだね」など、たくさんの感想や質問がありました。

そう、黒糖焼酎は蒸留酒なので糖質はゼロ。色も無色透明なんです。黒糖焼酎の原料は、黒糖と米こうじ。米は糖質を含むし、黒糖は糖質のかたまりですが、原料に含まれる糖は酵母によって分解されてアルコールと炭酸ガスに変わり、もろみを蒸留することで色素や糖質は昇華せずアルコールと香味成分だけが抽出されるから、透明で黒糖由来の風味が豊かなお酒になるんですよ。

orionbeer

沖縄系の曲を演奏するときは、奄美の三線から琉球三線に持ち替えて演奏します

「オジー自慢のオリオンビール」を奄美流に替え歌し、「黒糖焼酎でディ乾杯〜!」あちこちの席で乾杯の杯が掲げられます。唄の合間には、サネンバナさんによる奄美を紹介するMCや、黒糖や黒糖焼酎を賭けたジャンケン大会も催され、場は大いに盛り上がりました。

  • kokutoushocyu
  • janken

(写真左)お店の黒糖焼酎ラインナップ/(写真右)勝者に黒糖焼酎が与えられるジャンケン大会

宴もたけなわ。徳之島の闘牛のことを歌った軽快な「ワイド節」につづき、奄美でいつも宴の最後に踊られる賑やかな「六調(ろくちょう)」を踊り、会場は一体感に包まれたのでした。

イベントが終わってからも、数名が残って夜が更けるまで黒糖焼酎の宴が続き、なんだか島にいるみたいで、ほっとした懐かしい気持ちになりました。 それでは、また。いい酒を。

離島経済新聞 目次

『あまみの甘み あまみの香り』関連情報

イベント情報

※離島経済新聞社ではイベントの予約は承っておりません。予めご了承ください。
※発売記念イベントは東京・大阪での開催も予定。最新スケジュールは随時公開いたします。

対談イベント「奄美群島の魅力と黒糖焼酎の楽しみ方」
日時:10月6日(木)19:30〜(19:00開場) ※このイベントは終了しました
場所:旅の本屋のまど(JR西荻窪駅北口)
出演:鯨本あつこ(ネット中継での参加)、石原みどり、松鳥むう
参加費:1,000円(奄美黒糖焼酎の試飲付き)
※要予約|詳細・ご予約は旅の本屋のまどサイト内「EVENT」ページでご確認ください。

『あまみの甘み あまみの香り』出版記念イベント in 奄美大島
日時:10月1日(土)19:00~(18:30開場) ※このイベントは終了しました
場所:ASIVI(奄美市名瀬金久町)
出演:鯨本あつこ、石原みどり
※予約不要・入場無料|参加希望の方はリンク先の会場をご確認のうえ、ご来場ください。

先行発売トークショー「黒糖焼酎を飲みながら聞く 奄美でしか造れない黒糖焼酎と島のはなし」
日時: 9月3日(土)18:00〜  ※このイベントは終了しました
場所:丸善 博多店(JR博多シティ8階)
出演:鯨本あつこ、石原みどり
詳細・ご予約は各書店公式サイトをご覧ください。

著者プロフィール

くじら(鯨本あつこ)
離島経済新聞社統括編集長。お酒が大好きで理科と体育が苦手。感覚で生きる芸術家タイプ。 ねこの姿をしているのは自由気ままに動きまわるあまり「ねこか」と言われるため。「くじら」はぺンネームの鯨本に由来。

くっかる(石原みどり)
離島経済新聞社島酒担当記者。奄美大島に7年暮らし、奄美黒糖焼酎の「語り部」資格を保有。 お酒を学術的に語る研究者タイプ。「くっかる」は夏場に奄美群島へ飛来する「リュウキュウアカショウビン」の方言名に由来。

----------

『くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り
 〜奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全 25 蔵の話〜』

離島経済新聞社が誇るふたりの呑んべえが、奄美群島(あまみぐんとう|鹿児島県)の5島と、全国で奄美群島だけで製造されている唯一無二の焼酎「奄美黒糖焼酎」の蔵をめぐり、綴ったエッセイ本。2016年9月上旬発売。

著者:鯨本あつこ、石原みどり
絵:鯨本あつこ
編集:離島経済新聞社
デザイン:装丁 岡崎智弘、西本瑶(SWIMMING)/本文 officeのんのか
定価:1,400円(税別)
仕様:四六判 294P
発行日:2016年8月25日
発行所:株式会社西日本出版社
販売:全国の書店、酒販店など

【書籍の販売に関するお問い合わせ】
西日本出版社注文センター 営業担当 山本
tel:06-6338-3078 fax:06-6310-7057 E-mail:jimotonohon★nifty.com
※★を@に変えてメールをお送りください

【関連サイト】
西日本出版社『あまみの甘み あまみの香り』紹介ページ

----------

編集部員石原の島酒日記

リトケイ編集部の島酒担当、石原です。取材をしながら出会った島酒や島酒の造り手さんたちのことを徒然にお話しします。

  • NPO_ban
  • bnr_shimanomado
  • 160824amaminoamami_bnr2
  • ritouOL-02
  • 170801_rito_camp_bnr_3
  • ランキング
  • 最新記事

新着記事

注目の話題>>

島を知る>>

島々の行事やイベント>>

島緑人に訊く>>

寄稿コラム>>

島々からの募集情報>>

季刊リトケイ