つくろう、島の未来

2019年09月22日 日曜日

この秋、五島列島の福江島(ふくえじま|長崎県五島市)で、移住体験もできる親子向けのキャンプツアー「親子でちょっぴり移住体験」が開催されます。主催する旅の輪九州からのご案内です。

移住者にも人気!五島の暮らしをのぞける親子キャンプ

九州最西端に位置する福江島は、大小140島からなる五島列島で最も大きな島。透明度の高い美しい海はもちろん、山々の景色も美しい島です。

近年、移住者が増加している五島市では、10月11日からの4日間、五島の自然を満喫しながら、プチ移住を体験できるキャンプツアー「親子でちょっぴり移住体験」を開催します。

対象は自然に囲まれた島の暮らしや、離島留学などを検討されている親子。子どもと一緒に、五島ならではの「自然」「食」「文化」「歴史」「人々」にたっぷりふれあう時間をお過ごしいただけます。

キャンプ場を起点に学校や病院、話題のお店をひとめぐり

「親子でちょっぴり移住体験」の宿泊は、福江島の南に位置し、かつては「サンゴの町」として栄えた富江地区にある、さんさん富江キャンプ場

キャンプ場を起点に、移住体験として福江島の学校や病院、朝市やスーパーにも足を運び、島の生活インフラを見学。島話題の施設やリラクゼーション施設などもめぐります。

富江町田尾地区にある、かつての小学校がカフェレストランやグランピング施設として生まれ変わった「田尾フラット」では塩づくりを見学し、ランチは「椿茶屋」「ソトノマ」といった話題のカフェやレストランへ。

たくさん遊んだ後は、「富江温泉センター」や「五島コンカナ王国」でゆったりとお風呂につかって疲れを癒します。

自然体験はプロのインストラクターがサポート

自然体験では、子どもを対象にした自然体験やキャンプのインストラクターとして、WEAアウトドアエデュケーター、LNT認定トレーナー、WFR野外救急法の資格を持つ、エンカレッジの森本弘太さんがサポート。

アウトドア経験の少ない親子でも、磯遊びやビーチコーミング、釣り体験、魚さばき体験などをしっかりサポートします。

子どもたちがさばいた新鮮な魚をBBQで味わう時間は、家族の思い出として深く刻まれるはずです。

船の中でも宿泊体験!キッズルームも完備された太古で往復

福江島への往復アクセスは、野母商船の「フェリー太古」。23時45分に出発する夜行便での宿泊も、子どもたちにとっては貴重な体験です。

船内はホテルのように清潔で快適。ファミリールームなどの個室は防音で、元気なお子様にうれしいキッズルームも完備されています。

自然あふれる環境での親子の思い出づくりにキャンプはもちろん、移住者にも人気の五島の島ぐらしをのぞける「親子でちょっぴり移住体験」。興味のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

<ツアー概要>
日時:2019年10月11日(金)~10月14日(月・祝)
3泊4日(船中泊1泊+五島市内2泊)
雨天決行(雨天時は屋内体験のプランを別途用意します。)
旅行代金:
◎大人:25,000円(高校生以上)
◎子ども:17,000円(5歳~小学生・中学生)
定員:
◎6組12名
参加条件:
 *お子さんは5歳以上
 *1組の最少構成員は親(保護者)1名+子ども1名の2名
 *大人については、旅行中必ず1本はSNSやブログで情報発信可能な方
発地:利用交通機関
博多港発:フェリー太古(野母商船)
宿泊地:さんさん富江キャンプ村/コテージ
(住所:五島市富江町土取1333 TEL:0959-86-2920)

お申し込み・お問い合わせはこちらから >> 旅の輪九州株式会社(TEL:092-707-7577)

関連する記事

ritokei特集