閉じる ×

「島のことはリトケイで」
離島地域専門WEBメディア

離島経済新聞

 

ニュース

【島News】島に文化の交流拠点を。地域の想いに応える小さなライブラリーが完成

2016年8月、福江島(ふくえじま|長崎県五島市)で古民家を利用したライブラリー「さんごさん」が完成した。

13938173_604123256416493_8142507950925835573_o

同施設を運営するのは長崎市出身の鳥巣智行さん。妻・大来優さんとの結婚式を福江島で挙げたことをきっかけに、毎年島を訪れ「いつかは住みたい」「まずは泊まれる場所を持ちたい」と考えるようになった。

「さんごさん」となった富江町(とみえちょう)の古民家は、福江島のコミュニティカフェ「ソトノマ」を立ち上げ、地域のデザイナーとして活動する有川智子さんとの出会いから見つかった物件。有川さんから空き家を紹介された鳥巣さんは、すぐに購入の検討をはじめた。

スクリーンショット 2016-08-09 10.46.41

施設のデザインは東京の能作淳平建築設計事務所が担当。建築家の能作淳平さんは、鳥巣夫妻と共に福江島へ下見に訪れた際、地元住民との交流会で、図書館が求められていることを知り、古民家をライブラリーとして改修することが決まった。3カ月間の改修期間中、同事務所の石飛亮さんは福江島に滞在。外壁や土壁を塗る作業では地元住民も支援にあたり、地元の珊瑚店から譲り受けた島の珊瑚や、島の溶岩が施設のデザインに取り込まれるなど、思いの詰まった空間が完成した。

13937834_604123306416488_237948236941307069_o

8月7日にはオープニングパーティーが開催され、島内外から多くの人が集まった。「本棚に収められるのは色々な人の『人生ベスト3の3冊』。大学教授や漫画家、農家、料理人までさまざまな価値観に触れられるライブラリーを目指しています」と鳥巣さん。「たくさんの方のおかげでここまで来ることができた。未完成な部分も多いが、地域のみなさんと一緒にこの場所を育てていきたい」。


【関連サイト】
Tomie Library「さんごさん」

  • NPO_ban
  • bnr_shimanomado
  • 160824amaminoamami_bnr2
  • ritouOL-02
  • 170801_rito_camp_bnr_3
  • ランキング
  • 最新記事

新着記事

注目の話題>>

島を知る>>

島々の行事やイベント>>

島緑人に訊く>>

寄稿コラム>>

島々からの募集情報>>

季刊リトケイ