つくろう、島の未来

2019年06月16日 日曜日

瀬戸内海に浮かぶ人口約1,000人の豊島は、その名の通り豊かな食材に恵まれる島。豊島にある「海のレストラン」より、島に暮らしながら料理をつくる料理長の求人をご紹介します。

©Hiroshi Mizusaki

今年、瀬戸内海国立公園の指定80周年を迎える瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)は、周囲約20km、人口約1,000人の小さな島。岡山県の宇野港、香川県の高松港、小豆島、直島と海路でつながり、おだやかな瀬戸内海をながめながらのんびりと島へ渡ることができる。

島の中央には小高い山がそびえたち、豊富に湧き出る水をつかい棚田では米づくりが行われ、畑ではさまざまな野菜が育ち、レモン、いちご、みかんといった果物の栽培も盛んに行われている。当然、瀬戸内海の恩恵にもあずかり新鮮な海の幸にも恵まれる。

その名のとおり豊かな豊島で、その素材を活かし島のレストランで島でしか味わうことのできない料理をつくる「料理長」を募集している。

美しい瀬戸内の景観を楽しみながら、すぐそばの海から水揚げされた鮮魚や島の大地から生まれた野菜を味わえる「海のレストラン」は、2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭にあわせてオープンしたまだ新しいレストランだ。


  • ©Hiroshi Mizusaki


  • ©Hiroshi Mizusaki

海沿いにあるレストランのテラスに腰を下ろすと、まるで海に浮かんでいるような感覚も味わえ、西向きに海を眺める店内からは目の前に広がる海にしずむ夕陽を見ることもでき、訪れる人を魅了している。

「自然が豊かで食材も豊か。海の幸はあわび、サザエ、ウニ、鯛、山の幸で山菜や野菜など。豊富すぎるのか島には八百屋も魚屋もなく、島の人はお味噌も自分で作ってたり。半分は自給自足が成り立つ島なんです」。そうにこやかに話すのは海のレストランで店長を務める門脇さんだ。

瀬戸内国際芸術祭をきっかけに、豊島はお隣の直島や小豆島とともに「アートの島」としても知られるようになった。しかし、「パッとした派手さや華やかさよりも暮らしているうちに感じる豊かさがあるんです」と門脇さんが島に暮らす魅了について話す。

もとは東京のラジオ局でディレクターとして働いていた門脇さんは、日本全国を取材するなかで豊島に出会った。島暮らしにあこがれを抱くなか、海のレストランの求人を見つけて応募したことをきっかけに移住。今は奥さんと2人で島の社宅に暮らしている。「豊島からは船で20〜50分あれば宇野や高松に出ることができるので、島の人たちも1〜2週間に一度は買い出しに出掛けています。私は不便を感じていないんですが、強いて言えば夜外食する場所やコンビニもないので、一人暮らしの方でも自炊しなくてはならない点はネックなのかもしれません」(門脇さん)。

海のレストランで募集している料理長は島に暮らすことが前提となる。「この島に暮らしながら『食』を通して一緒に島を盛り上げてくれる方に来ていただきたいです」(門脇さん)。一軒家の社宅もあるため、家族で移り住むのも歓迎という。

今回、料理長の募集に至った経緯は、現在の料理長がこの冬に島を離れることになったため。冬までの間は、先輩料理長のもと仕事を覚えることができるという。

レストランのメニューは現在、和食が主体で、豊島は日帰り客も多いことからランチのほか、夜は予約のみ。系列の宿泊施設や民泊に泊まるお客様の夕食や、法事やお祝いごとで利用する島の人に向けて、豊島の幸をふんだんに使ったコースを提供している。

料理長の仕事では、料理はもちろん、メニューの考案、在庫の管理、原価計算など、レストランを切り盛りしていくためのあらゆる役割がある。料理長の経験がない方でもOKだが、小さな飲食店をまわしていく意欲やスキルが求められる。

「料理のジャンルにこだわりはなく、年齢や性別も問いません。ただ、島に暮らしながら島でしか味わうことのできない料理をつくっていただきたいので、自分の世界が凝り固まっている方よりも柔軟な考え方をお持ちの方が良いですね」(門脇さん)

日々、島の漁師さんから魚介を仕入れ、お母さんたちがつくった野菜を料理し、島内外から訪れるお客様に喜んでもらえる仕事は、大変ながらもたくさんの人の笑顔に出会える仕事である。

「今後、お店の隣にある土地で農園をはじめたり、レストランに併設された厨房をつかって島の特産品開発もしていく予定です」。そう展望を語る門脇さんとともに、豊かな島の食材をつかった料理を提供し、皆に愛されるレストランづくりを担う料理長の募集。興味のある方はぜひチェックしてほしい。

【募集要項】
募集の背景:既存事業の充実と今後新たな事業展開も視野に入れての組織強化のため。
求める人材:調理の基本的な知識・技術のある方(年齢・性別・料理のジャンルは問いません)
勤務地:香川県小豆郡土庄町豊島
勤務時間:9:00~18:00(ディナー予約のある場合は21:00まで)
給与:応相談
昇給・賞与:事業状況と本人の勤務成績を考慮して昇給・支給あり(前年度実績あり年1回)
諸手当:社宅(無料)
休日・休暇:週1日(閑散期は週3日)、社会保険完備

【応募から採用まで】
以下の流れで採用を受け付けます。※募集は採用が確定次第、締め切ります。
履歴書による書類選考
現地面談(1〜3回)
内定(豊島やお店の様子を見ていただき、実際に調理もしてもらって双方合意の上での採用となります)

【履歴書送付先】
〒761-4661
香川県小豆郡土庄町豊島家浦字小港525-1
海のレストラン 採用担当カドワキ宛

【お問い合わせ先】
海のレストラン 採用担当カドワキ
Tel 0879-68-3677
http://www.chc-co.com/umi/

関連する記事

ritokei特集