閉じる ×

「島のことはリトケイで」
離島地域専門WEBメディア

離島経済新聞

 

寄稿コラム

【島Column】百島百祭 #43 岡山・真鍋島の走り神輿(本祭り)1

島の祭に魅せられたカメラマンの島祭コラム「百島百祭」。今回は、古い漁村の面影を残した家並みがあり、穏やかな瀬戸内の風景を堪能できる長閑な島 真鍋島の走り神輿(本祭り)の前編。島々に息衝く、祭の魅力をお届けします。

岡山・真鍋島の走り神輿(本祭り)1

001 (3)

瀬戸内海中部に浮かぶ真鍋島。古い漁村の面影を残した家並みがあり、穏やかな瀬戸内の風景を堪能できる長閑な島だ。古来より真鍋水軍の拠点として栄えた歴史ある真鍋島の祭りと言えば、天下に名高い「走り神輿」だ。そんな祭りを見ようと、笠岡港から渡船に乗り、真鍋島と向かった。

 

島に入ると漁村の面影を残す島のメインストリートに、大漁旗が掲げられ、祭りの日の活気に満ちている。船着き場近くには、本日神輿を担ぐ血気盛んな若者の担ぎ手(輿守)が集まっていた。揃いの褌姿に「走り神輿」に賭ける意気込みを感じる。そんなメインストリートを歩き、まずは行事が行われる八幡神社へと向かうことにした。

002 (2)

「走り神輿」は、元禄9年(1696年)に八幡神社新築記念の行事として始められたと言われており、300年以上続く全島あげての伝統の行事なのだ。もともとは八幡神社の秋祭りに合わせて、旧暦の8月に行われていた行事だったが、島の若年人口の減少による担ぎ手不足から、近年は5月のゴールデンウィークに行われるようになったという。神輿1体に輿守が8人必要となり、本浦地区(西東に分け2体)、岩坪地区で1体、合計3体の神輿が走るため、24名の若者が必要となるのだが、昨今の現状を見ていると輿守の確保も大変なのだろう。

  • 003-291x218 (1)
  • 004-291x218 (1)

八幡神社に到着すると、走る前の魔除けとして、獅子舞や棒術が奉納されていた。いよいよ天下に名高い「走り神輿」の始まりだ。

 

 

岡山・真鍋島の走り神輿(本祭り)2」へと続く

 

 

◆祭情報◆
日程 毎年5月3~5日(本祭りは、5月4日)
場所 真鍋島(岡山県笠岡市)

離島経済新聞 目次

【連載】百島百祭

野宿で日本各地の島を旅していた10年前、偶然出会った島の祭に魅せられたカメラマンの島祭コラム。島々に息衝く、祭の魅力をお届けします。

黒岩正和(くろいわ・まさかず)
写真家。21歳より、日本の島の風俗・祭事を撮影(2013年現在300島以上を撮影)。主な撮影テーマは、日本の島・山岳少数民族の風俗・メコン河流域の風俗・ 棚田などの稲作文化・戦国史跡など。
http://kuroiwamasakazu.com/

----------

  • NPO_ban
  • 160824amaminoamami_bnr2
  • 170801_rito_camp_bnr_3
  • ランキング
  • 最新記事

新着記事

注目の話題>>

島を知る>>

島々の行事やイベント>>

島緑人に訊く>>

寄稿コラム>>

島々からの募集情報>>

季刊リトケイ