閉じる ×

「島のことはリトケイで」
離島地域専門WEBメディア

離島経済新聞

 

寄稿コラム

【島Column】百島百祭 #87 鹿児島・奄美大島 油井の豊年踊り2

島の祭に魅せられたカメラマンの島祭コラム「百島百祭」。今回は、鹿児島の離島・奄美大島(奄美大島|奄美市)の油井集落・豊年踊りの模様をお届けします。

1

最後に切られた綱は結ばず、「シシ」を先頭に集落の方々が歌う「ホコラシャ節」と共に土俵に運ばれ、土俵上の小俵として埋められる。

その後、ホラ貝の音高らかに力士たちの「ヨイヤ、ヨイヤ」の掛け声が響き渡る「振り出し」が始まった。ふんどし姿の力士たちが土俵入りする姿は勇壮で、男たちの息の合った所作が青空の下とても映えて、撮影しているこちらの身も引き締まる。

そして微笑みをたたえた表情の紙面を付け、鎌を持った者が三味線の軽快なリズムに合わせ土俵に上がり、鎌を振り踊りながら土俵上の厄を払っていく。

その動きはどこかコミカルで、見ていて和やかな気持ちになる。「土俵祓い」が終わった後は子どもたちによる「前相撲」が行われる。

小さな力士たちの必死の取り組みに歓声や拍手が飛び交い、会場は南国特有の気候と同じような温かい空気に包まれた。笑顔があふれる祭りは、やはり素敵だなぁとこちらの顔もほころんでしまう。

子どもたちによる「前相撲」の後は、野良着にクバ傘を被った男が、鎌と「オーコウ」と呼ばれる天秤棒を持って登場し、「稲刈り」が行われる。

この演目は、農民が豊作の田んぼから稲を刈り取り、天秤棒で担いで帰るという、稲刈りの一連の所作と収穫の喜びを表現したもので、まさに豊年踊りの演目に相応しく、豊作の喜びをユーモラスに踊っていく様は見事だった。


鹿児島県奄美大島・油井の豊年踊り3へと続く

◆祭情報◆
日程 毎年旧暦8月15日
場所 奄美大島(鹿児島県瀬戸内町)

離島経済新聞 目次

【連載】百島百祭

野宿で日本各地の島を旅していた10年前、偶然出会った島の祭に魅せられたカメラマンの島祭コラム。島々に息衝く、祭の魅力をお届けします。

黒岩正和(くろいわ・まさかず)
写真家。21歳より、日本の島の風俗・祭事を撮影(2013年現在300島以上を撮影)。主な撮影テーマは、日本の島・山岳少数民族の風俗・メコン河流域の風俗・ 棚田などの稲作文化・戦国史跡など。
http://kuroiwamasakazu.com/

----------

  • 170801_rito_camp_bnr_3
  • NPO_ban
  • 160824amaminoamami_bnr2
  • 171030bnr
  • ランキング
  • 最新記事

新着記事

注目の話題>>

島を知る>>

島々の行事やイベント>>

島緑人に訊く>>

寄稿コラム>>

島々からの募集情報>>

季刊リトケイ